2011年02月25日

YAMP KOLT "yes" release party 決定しました。

3/23に発売されるCD "yes" / YAMP KOLT のリリース・ライヴです。
yes_flyer01_200.jpgYAMP KOLT "yes" release party
4/20(水)at 渋谷WWW
OPEN:19:00/START:20:00

adv:¥3,500/door:¥4,000(共にドリンク別)
チケットぴあ Pコード:132-290
ローソンチケット Lコード:71583
e+:http://eplus.jp/sys/main.jsp?prm=U=14:P1=0106:P2=053673:P3=0001
<メール予約受付開始いたしました!>
*今回は特別に前売り券を御購入/御予約のお客様限定で特典として、YAMP KOLT NEW ALBUM "yes"には未収録の「おひさまは太陽(火山島ヴァージョン) feat.やくしまるえつこ / YAMP KOLT」のCD-Rを来場時にプレゼント!
詳しくは>http://www-shibuya.jp/news/201104/000239.html

出演:YAMP KOLT(gui)
   ACO/一十三十一/リクルマイ/ピカ/さや

   (詳細は下↓)

出演を予定しておりましたUAですが、本人の体調の都合により、残念ながら出演をキャンセルすることとなりました。
皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力を賜りたく何卒お願い申し上げます。

CD参加メンバーを中心に、豪華ゲストを迎え、CD収録曲と、新曲もやります。
このメンバー、なかなかなかなか集まりません。
CD同様に、ポップで不思議な森の歌たちを体験して下さい。
また今回は特別に前売り券を御購入の御客様限定の特典として、ALBUM "yes"には未収録の「おひさまは太陽(火山島ヴァージョン)feat.やくしまるえつこ / YAMP KOLT」のCDRをプレゼント!(当日会場にてチケットと交換します。)
この日にしか手に入らない貴重な音源と、この日に集まる豪華なアーティストが奏でる特別な夜をお楽しみに!!



出演アーティスト:
ヤンプコルト (gui.)
YAMP KOLT 名前を藤乃家舞(mai fujinoya)から『ヤンプコルト』『YAMP KOLT』へ変える。
 ベーシスト、ギタリスト、作曲、作詞、プロデュース、レコーディング・エンジニア、楽器製作(ワイヤフォン、 YAMP KOLT SPRING)、Mac.ベイスのオリジナル・レコーディング・ソフト"REX"開発、オーガナイズ、リミックス、DJ等、多岐に渡る。
藤乃家舞(mai fujinoya)名義で『サノバラウド』(2002)、『FAR』(2004)、『Hanger-on-off-Kingdom』(2005)、 『dance on white』(2007)、『gold leaf』(2007)等のソロ・アルバムの他、UAへの楽曲提供とプロデュース(CD『SUN』『golden green』『ATTA』(作曲/プロデュース))、画家の大竹伸朗とのDVD『MOUSE ESCAPE』、DVD『ドレミノテレビ』(NHK)等に様々な形で参加。
マーク・リボーやジミ・ヘンドリックス・ジプシーズのジェラルド・ベレッツ、バリ・ガムランの 天才集団"スダマニ"等とも共演。
内橋和久、外山明、梅津和時、大倉正之助 等と数々のインプロヴィゼションのセッション。

映画音楽:『W/O』(音楽監督)、『エレクトリックドラゴン80000V』『五条霊戦記』『空中庭園』 参加、『ねじ式』『殺し屋1』(リミックス)等。
リミックス:『ミーン・マシーン』等。
インスタレーション:『dqpb』(doubleNegatives)(宮城県/感覚ミュージアムに常設展示)。『ジャック』(w/志賀理江子)(山口県/YCAM)。
レーベル(セメタリーレコーズ/FAR)、イヴェント『サノバラウド』『live FAR』シリーズ主宰。
http://www.cemetery-records.com/


ACO
ACO
 1977年生まれ、シンガーソングライター。1995年デビュー以降通算8枚のAlbum Release。2010年10月6日8枚目のAlbum Release。最新album ”devil's hands”好評発売中

一十三十一
一十三十一 札幌出身。幼少時代よりスパイシーな家族とともに世界諸国を旅して廻る。2002年「煙色の恋人達」でデビュー。“媚薬系”とも評されるエアリーでコケティッシュなヴォーカルで独自のポップスを展開。2007年にはディスニーアニメ「リロイ&スティッチ」のエンディングテーマを歌う。クラブミュージックや、民族楽器とのコラボレーションなどジャンルや国境を超えボーダレスに活動中。
 今夏、初の主演映画「百合子、ダスヴィダーニャ」が公開予定。同時期にアルバムもリリース予定。http://www.hitomitoi.jp/

リクルマイ
リクルマイ DUBバンドDRY&HEAVYの元・女性ヴォーカル。在籍中に4枚のアルバムと1枚のリミックス・アルバムをリリース。05年、更なる飛躍を求めDRY&HEAVYを脱退しソロとして始動。
 06年2月アルバム『ROOTS CANDY』をリリース。レゲエ界のトップミュージシャンで構成されたバンドによるエネルギッシュなステージングが話題に。同時にギタリストThe Kとのピースフルなアコースティックライブも敢行。異なるライブ形態を使い分けたスタイルはリクルマイの真骨頂。
 07年7月、レゲエに回帰しながらも音楽的に更なる進化を遂げたセカンドアルバム『M W』を発表。その後ファン投票により決まったシングル曲『My Woman/Home,Sweet Home』を7インチでリリース。08年8月、09年11月と2度のハワイ・ツアーを行い、ハワイでの人気を確固たるものにする。
 09年11月4日にリリースの全編バンドサウンドによるサードアルバム「mairation(マイレーション)」はミュージックマガジンのベストディスク2009レゲエ部門で第一位に、RIDDIM誌のSKA〜ROOTS部門でも第一位になり09年を代表するレゲエ・アルバムとなる。
 この他ダブステップの重鎮Rob Simth(Smith And Mighty)から須永辰緒に至るまであらゆる作品への客演も。2010年は伝説のダブエンジニアScientistとの共演、レコーディングを果たす。更にはルーツレゲエのDJとしてもJah ShakaやAdrian Sherwoodなどの来日公演をサポート。また「希望郷いわて文化大使」として故郷・岩手県のPRにも努める。
Likkle Maiオフィシャル・ウェブサイト
myspace:http://www.myspace.com/likklemai

ピカ
ピカ 天真爛漫★波瀾万丈!元あふりらんぽのドラマーボーカリスト。2002年あふりらんぽを結成後、瞬く間に世界をかけめぐり、数々の素敵な出会いと奇跡に恵まれる。
その後 あふりの活動休止をきっかけに、2007年ギター弾き語りソロ「ムーン♀ママ」を開始。2008年ミニアルバム「幸せの可視」を自主レーベルmoonlightからリリース。
 その他にも、女子13人子宮ノイズ楽団「モンモン♀トゥナイト」Acidmotherstemple~cosmicinfelno~の紅一点ドラムマーを勤め、 数々のアーティストとのユニットなど、活動は多彩。過去の共演奏者は国内海外とわず、多岐にわたる。
 2010年6月、あふりらんぽ8年間の活動を終え、解散。現在ソロとして活動を行なう。
 なにわ幸塾のゲスト講師としてアフリカの話をしたり、東京都図工専科教師による「教師道場」で、図工ゲストティーチャーに招かれドラムを叩きにいたり、今年は大阪の本田小学校にも招かれる。
 2010年12月には関西の奇才「劇団子供鉅人」の舞台音楽を勤める他、音楽以外にも、写真、役者活動、絵画、パフォーマンス等 幅広い視野で唯一無二な人間力的表現活動を目指す。
www.afrirampo.com
myspace:http://www.myspace.com/moonmama2013

さや
さや 1996年よりテニスコーツで歌い、国内外でライヴ、リリース、コラボレーションをしている。
 また、majikickレーベルを運営し、唯一無二の作品のリリースに努めている。


芳垣安洋 (drs.)
芳垣安洋 ROVO、アルタード・ステイツなどのバンドのメンバーとして、また主宰するVincent Atmicus、Orquesta Nudge!Nudge!等のグループでのライブや作品発表、 UA、大友良英、菊地成孔、南博ら様々なアーティスト達との共演など、ボーダーレスな演奏活動をおこなう他、演劇や映画の音楽制作も数多く手がける打楽器奏者。海外では即興演奏家としても知られる。 レーベル"Glamorous"を主宰。
http://y-yoshigaki.com/index.html

鈴木正人 (ba.)
鈴木正人 1971年6月ベルリン生まれ。ベーシスト/アレンジャー/プロデューサー。1987年、高校在学中にLITTLE CREATURESを結成し、90年にシングル「THINGS TO HIDE」でメジャーデビュー。その後、渡米しバークリー音楽院に入学。帰国後、バンド活動と平行して、ベーシスト、プロデューサーとしても活動。これまでに手掛けたアーティストはUA、ハナレグミ、畠山美由紀他多数。2005年3月には、文筆家の内田也哉子(vo)とCOMBO PIANOの渡邊琢磨(pf)と「sighboat」を結成し、1stアルバム『sigh boat』をリリース。同年7月には、LITTLE CREATURESの約4年ぶりとなる新作『NIGHT PEOPLE』をリリースし、同月に池上本門寺・特設野外ステージにてデビュー15周年記念イベントを行った。2006年、自身初となるソロアルバム「UNFIXED MUSIC」をintoxicateレーベルよりリリース。2007年、菊地成孔ダブ・セクステットに参加し「The revolution will not be computerized」をリリース。2010年には、9月にsighboatの2ndアルバム「marvel」、12月にはデビュー20周年を迎えたLITTLE CREATURESが、6thアルバム「LOVE TRIO」をリリース。人と人、音と音を繋ぎながら、シーンにおけるキーパーソンとして、その存在感を高めている。
鈴木正人 official web site : http://www.tone.jp

最近の主な参加作品(プロデュース&アレンジ)
・UA「ハルトライブ」2010.4.7
・Leyona「PATCHWORK」2010.3.17
・Dew「PRESENT」2009.5.13
・BONNIE PINK「CHAIN」2008.11.26
・小泉今日子「Nice Middle」2008.11.26
・秦基博「ALRIGHT」2008.10.29
・菊地成孔ダブ・セクステット「Dub Orbits」2008.7.16

最近の主なライブ・サポート
・UA
・高橋幸宏
・大貫妙子
・林立夫
・原田知世
・BONNIE PINK
・大橋トリオ
・安藤裕子
・Leyona
・湯川潮音


細海 魚 (keys.)
細海魚
 北海道生まれ。繭(Maju)、neina、hosomi、Livingstone Daisyなどの名義で活動中。有機的な繊細さに満ちたそのサウンドは内外問わずファンが多い。
 豪EXTREMEより繭(Maju)名義で5枚、独Mille Plateauxよりneina名義で2枚のリリースがあり同レーベルのコンピレーションclick + cutsやplopのコンピレーション等にも参加。
 ACO、aen、新居昭乃、恩田晃、sawako、mi-gu、minakumari、ツジコノリコ、など共演も多い。myspace:http://www.myspace.com/sakanahosomi

ギデオン ジュークス (tuba)
ギデオン ジュークス
 現在東京に在住する、イギリス生まれ、イギリス育ち、イギリス人のプロチューバプレイヤーです。 クラシックからフリージャズなど、幅広いジャンルを演奏していますが、特に好みで得意とするものは、インプロビゼーション..や作曲、世界各国の伝統的、民族的音楽のリサーチなどです。
 現在は、Setsubun Bean Unit(セツブンビーンユニット)、Tokyo Slim (東京スリム)、 Farmyard Animals Trio、渋さ知らズ オーケストラ、 LEM、Brassticks、Cicala Mvta、のメンバーとして、活動中。

現在までに共演したミュージシャン、バンドは、
Sigur Ros
Matthew Herbert
Graham Collier
Jim O'Rourke
Satoko Fujii 藤井郷子
Bellowhead
Eliza Carthy
Yoshigaki Yasuhiro 芳垣安洋
Max De Wardener
David Murray
Otomo Yoshihide 大友 良英
Dani Siciliano
Billy Cobham
Beverley Knight

And as a guest musician with-
Fanfare Ciocarla
Soul Flower Union
Balkan Beat Box
Think Of One
Minimums

Soundtrack Work (TV, Film, Game, Theatre)
Chicago the Musical (London West End and UK touring production, Tokyo production)
"The Music Man" musical Japan tour with Takanori Nishikawa 西川 貴教
"Faust 2010 in Chino" theatre production with Kushida Kazuyoshi 串田和美
"Big Balloon" Oily Cart theatre production, UK
"Saigo no Sempan 最後の戦犯 NHK TV drama, soundtrack by Otomo Yoshihide 大友 良英
"Q10(キュート)" NTV TV drama, soundtrack by Golden Kids
"Agathe Clery" Film Soundtrack by Matthew Herbert
"Le Donk and Scor-zay-zee" Film by Shane Meadows, (soundtrack features music by Bellowhead)
“Suteki na Kanashibari: Once in a Blue Moon” Film by Mitani Koki, out 2011
"White Knight Chronicles" PS3 game, soundtrack by Yumiko Hashizume and Takeshi Inoue

"Twelfth Night (十二夜)" Bunkamura Theatre Cocoon 2011, directed by Kushida Kazuyoshi
串田和美, starring 松たか子、石丸幹二、りょう、荻野目慶子、大森博史、真那胡敬二、小西康久、酒向芳、内田紳一郎、片岡正二郎、目黒陽介、小春、つのだたかし、飯塚直子、片岡亀蔵、串田和美、笹野高史


#nbsp


#nbsp

青木タイセイ (tb.)
青木タイセイ
 ホーンセクションからフリーインプロヴィゼーションまで、その活動はきわめて多岐にわたる。
 90年代広木光一グループに参加したのをはじめとし、オルケスタデラルスでの海外ツアー、伊藤多喜雄、菊池成孔DCPRG、大友良英ONJO、宮本亜門演出、内橋和久音楽監督「三文オペラ」、同音楽監督「時計仕掛けのオレンジ」等に参加。
 現在、熱帯ジャズ楽団、UAのサポート、芳垣安洋vincent atomicus、鳴瀬喜博、酒井俊、等で活動。多楽器奏者ぶりを発揮した自己名義のアルバム「Primero」をイーストワークスより2004年にリリース。

後関好宏 (sax)
後関好宏 2000年 菊地成孔「デートコースペンタゴンロイヤルガーデン」への参加をきっかけに
ミュージシャンとしてのキャリアをスタート。
現在は「stim」「ホテルニュートーキョー」「WUJA BIN BIN 」「在日ファンク」に参加。

 主な共演者は、EGO-WRAPPIN'、Superfly、大橋トリオ、toe、Tony Allen、COMME des GARÇONS などの様々なアーティストの、レコーディング、ライブ、ホーンアレンジ、CM・映画・テレビ・舞台・ ファッションショーなどの音楽を手がける。

ゲスト:
スガダイロー (piano)
スガダイロー
 1974年生まれ鎌倉育ち。学生時代は生物学者を目指すも其の道から挫折、ピアノに転向する。
 洗足学園ジャズコースの実技試験にて山下洋輔をアッと驚かし、栄えある一期生として入学。 その後バークリー音楽大学に4年間留学し、帰国後は「渋さ知らズ」や「鈴木勲OMA SOUND」でも活躍。 坂田明・小山彰太などとも共演を重ねている、間違いなく21世紀の日本でただ一人のバリバリのフリージャズピアニストである。
 2008年8月には、満を持して初のリーダーアルバム『スガダイローの肖像』をリリース。(同アルバムには山下洋輔から「双子の銀河系の誕生を目撃しているような体験をした。 その中に須賀大朗の世界が確実に姿を現わし始めている。戦慄だ。」というコメントが贈られている。
 2009年、ベース&ドラムスとのトリオによるスタジオ録音『坂本龍馬の拳銃』『黒船・ビギニング』二作をリリース。同年末には「BOYCOTT RHYTHM MACHINE VERSUS LIVE」にて中村達也(ex.BJC)との異種格闘技決戦を1時間に渡って繰り広げる。
 若手主体のコンセプチュアル・フリーアヴァンギャルド・バンド「REAL BLUE」「ok.hp DS」「リトルブルー」「スガダイローtrio」「スガダイローquintet」を率いて活動する他、「blacksheep」「秘宝感」など様々なユニットやセッションに参加し、撼天動地に暗躍中。

ユザーン (tabla)
ユザーン タブラ奏者。オニンド・チャタルジー、ザキール・フセインにタブラを師事。
 2000年よりASA-CHANG&巡礼に加入し、『花』『影の無ヒト』など4枚のアルバムを発表。04年、ヨシダダ イキチとAlayaVijanaを結成し、ボーカルにUAをフィーチャーしたアルバム『AlayaVijana』を制作。08年にはL?K?Oとのユニッ トOigoruとして、アルバム『Borsha Kaal Breaks』をリリース。10年3月にASA-CHANG&巡礼を脱退。脱退後にU-zhaan × rei harakamiとして「川越ランデヴー」「ミスターモーニングナイト」の2曲を配信限定リリース。初の著書『ムンバイなう。』が出版されるなど、 精力的に活動している。
http://u-zhaan.com
twitter:http://twitter.com/u_zhaan

池田絢子 (bol)
池田絢子 タブラをU-zhaan、Pt.Anindo Chatterjee、Anubrata Chatterujeeに師事。
 シンガーソングライターMinakumariのアルバム「RASA」に参加し、国内ツアーやフランス公演で共演。
 その他に、北インド古典音楽コンサートや、Tabla6人組バンド「Tabla Dha」等で演奏活動中。
blog:http://blog.goo.ne.jp/ayako0109
Tabla Dha MySpace:http://www.myspace.com/tabladha

主催:Cemetery Records / FAR
協力:(株)OBN/SOAL35

posted by cemetery records / FAR at 00:00 | LIVE